0123456789
0123456789
0123456789
ご相談料無料・全国対応 0120-49-5225 平日 9:30~21:00 土日祝9:30~18:00
お問い合わせ

※弁護士費用特約を利用されてご依頼となった場合には、特約から1時間1万円
(税別)の相談料を頂戴いたします。

交通事故の解決事例集

  • 後遺障害

腰椎圧迫骨折(11級)の既往症がある8級の胸椎圧迫骨折について逸失利益を獲得

<埼玉県・男性・40代・会社員>


  • 最終示談金額:1466万5662円
  • 後遺障害等級:8級相当

保険会社の提示額 500万円 から 966万円増!!

事故の状況

事故の状況

Aさんは、通勤途中に信号のある交差点の横断歩道を渡っていたところ、左折してくる車にひかれ、車と道路に強く身体を打ち付け、胸椎圧迫骨折の怪我を負ってしまいました。

傷病名:第12胸椎圧迫骨折

ご依頼内容

ご依頼内容

治療が終了し、残ってしまった後遺障害について事前認定にて申請を行ったところ、Aさんには、「事故以前の他の事情を原因とする11級に該当する腰椎圧迫骨折が認められ、これと今回の圧迫骨折を併せて考えると8級相当の後遺障害が認められる」との判断がなされました。そして、これに従って相手方保険会社より示談金の提示がなされましたが、Aさんは,その額について「低いのではないか」との疑問を抱いたため、ベリーベスト法律事務所に示談金の増額が可能かについて相談されました。

ベリーベスト法律事務所の対応と、その結果

後遺障害として脊柱の変形障害が認定された場合、「逸失利益の額」が争点になることが多いです。

脊柱の変形障害が残存しても、痛みが多少残る程度であり、脊柱の動きに特段の制限がないことも多く、そのような場合には、仕事に対する影響は生じないのではないかと考えられるからです。また、今回は、これに加えて「11級の既存障害がある」ことから、「元々持っていた障害(=既存障害)があったことにより損害が大きくなったため、その部分は差し引くように」との主張がなされました(これを素因減額といいます)。

ベリーベストとしては、「11級の既存傷害分を差し引くこと」についてはある程度やむをえないと考えて、その分、「脊柱の変形障害の場合には、等級通りの逸失利益が生じていないのではないか」という点について、当方の主張を受け入れてもらえるように粘り強く交渉しました。また、当然ながら、入通院慰謝料や後遺障害慰謝料、逸失利益等の各費目について裁判所基準額での交渉を行いました。
その結果、当初の相手方保険会社の示談額に比べて、約3倍の示談金を勝ち取ることに成功しました。

担当弁護士
メール
topへもどる