0123456789
0123456789
0123456789
ご相談料無料・全国対応 0120-49-5225 平日 9:30~21:00 土日祝9:30~18:00
お問い合わせ

主婦だからって交通事故の示談金の増額を諦めていませんか?

専業主婦・兼業主婦の交通事故なら!ベリーベストにお任せください!専業主婦・兼業主婦の交通事故なら!ベリーベストにお任せください!

初回相談料無料!まずはベリーベストに相談

専業主婦や兼業主婦の方から以下の様なご相談をよくいただきます。

専業主婦だけど、事故のケガで家事ができない状態が続いています。
専業主婦は「休業損害」をもらえるの?
主婦の方でも「休業損害」は請求できます!主婦の方の場合、女性の平均賃金額(平成26年度の場合:364万1200円※)から一日あたりの賃金額を割り出し、実際に家事を休まざるをえなかった分について休業損害を請求することができます。
これを、いわゆる「主婦休損」といいます。
※賃金センサスに基づきます。
主婦休損がもらえる場合ともらえない場合では、
金額は大きく異なるの?
主婦休損を請求するとしないとでは、
金額は大きく異なります!
頚椎捻挫と診断され、半年間の通院期間で計100日通院したAさんの場合で考えてみましょう。
例えば、実際に通院した日数である100日=休業日数として計算すると、
約9700円(1日あたりの収入額)×100日(実通院日数)=97万0000円※ となります。

なお、保険会社が自発的に主婦休損を支払うことも考えられますが、
その場合には、自賠責の基準である、「1日5700円」が基準となることが多いので、
弁護士が介入した場合の方が、主婦休損として請求できる額は大きくなることが通常です。
※主婦休損には様々な算定方式があり、症状経過や治療状況等によって請求できる金額は異なりますので、詳しくはご相談ください。
主婦業と並行してパート・アルバイトもしている「兼業主婦」は、
パート・アルバイトを休んだ分しかもらえないの?
兼業主婦の方でも、「主婦」として主婦休損を
請求できる可能性があります!
兼業主婦のパート・アルバイトにおける収入が女性の平均賃金を超えない場合には、
上記の算定方式により主婦休損を請求することができるというのが裁判所の立場です。
パート・アルバイトをしている主婦の方は、夫の扶養の範囲内に収入を抑えていることがほとんどですから、
パート・アルバイトの休業損害を貰っていても、その額と「主婦休損」との差額を追加で請求することができます。保険会社は、パート・アルバイトの分の休業損害だけを支払って終わりにしようとすることが多いので、注意が必要です。
後遺障害が認定されたけど、主婦の場合逸失利益はどうなるの? 仕事をしていないと逸失利益は請求できないの?
主婦の方でも逸失利益は請求することができます!交通事故による後遺障害がなければ得られていたであろう収入等の利益のことを「逸失利益」と呼びます。
主婦の方でも、後遺障害の種類によっては家事労働に支障が生じることが考えられますが、
そのような場合に逸失利益を請求できることは当然です。

逸失利益についても、休業損害と同様、女性の平均賃金額から算定をし、請求をしていくことになります。
例えば、頚椎捻挫と診断され、後遺障害等級14級9号が認定された場合には、下記の算定式のとおりに逸失利益を請求することになります。
364万1200円(平均賃金額)×5%(労働能力喪失率)×4.3295(労働能力喪失期間を5年とした場合のライプニッツ係数)=78万8229円※
なお、 14級9号が認定された場合に保険会社が支払う逸失利益は43万円が上限ですので、この点にも弁護士介入のメリットがあるといえます。

※逸失利益については、症状経過や治療状況等によって請求できる金額は異なりますので、詳しくはご相談ください。

専業主婦・兼業主婦の方の解決事例

40代女性
宮城県在住

「主婦休損」の請求について粘り強く交渉!
納得のいく示談金で解決!

事故の状況

主婦のFさんは、渋滞の最後尾で停車していたところ、前方不注意でブレーキが遅れた車に突っ込まれて受傷し、頸椎捻挫との診断を受けました。

相談内容

Fさんは、追突された瞬間、両手の痺れを感じたとおっしゃっていました。
また、事故後も一貫して、首の張りと肩の張りに加え、あごと耳の下の痺れ、ほおの痛み、脇から肘にかけての痺れを感じ、首のMRIを撮影したところ、C6/7に軽度のヘルニアがあるとの診断を受けました。

週2~3回、7か月以上に渡る通院を継続しても痛みが治まらないことから、保険会社による治療費の打ち切りの前に、弁護士に相談してみようと思い立ち、弊所にご相談いただきました。

ベリーベストの対応とその結果

Fさんは、保険会社が治療費を打ち切った後も、健康保険に切り替え、自費にて通院を継続していました。そのため、後遺障害の被害者請求時には、自費での通院を証明する資料を自賠責損害調査事務所に送付しました(保険会社任せの事前認定では、このような資料が提出されることはないです)。その結果、14級9号という適切な認定を得ることができました。

Fさんは主婦であったため、保険会社との示談交渉においては、いわゆる「主婦休損」を請求しました。主婦の方は、会社から「給料」を受け取っているわけではないため、交通事故により主婦業を休んだことによって「給料」が減少するということはありません。

しかし、主婦の方は、「家事従事者」として、年間で353万9300円(平成25年度)の収入を得ていると考え、主婦業を休んだことによる損害はこの金額を基礎として算定するというのが裁判所における運用です。
そこで、本件においても、いわゆる「主婦休損」を請求し、結果的に130万円超の主婦休損を支払ってもらうことができました。「主婦だから、怪我により主婦業ができなかったことによる金銭的な損害は生じない」とお考えの方も多いので、この点には注意が必要です。

30代女性
埼玉県在住

後遺障害等級14級9号の認定を受け
兼業主婦として「主婦休損」を獲得

事故の状況

夫の車に同乗していたところ、後ろから追突されたものです。

相談内容

Uさんは、当時も痛みが残っていましたが後遺障害申請をした方がよいか悩まれていました。
また、兼業主婦だったため、休業損害はどのように請求するべきか、今後示談金はいくら位請求できるのかについてご相談いただきました。

ベリーベストの対応とその結果

整形外科への通院が数日しかありませんでしたが、弁護士が残存している症状から後遺障害申請をすべきと判断し、14級9号に該当するとの判断を受けることができました。
また、兼業主婦ではありますが、実際に仕事で得ている年収や、交通事故の家事への影響から、家事従事者として休業損害を請求しました。

当初、相手方保険会社からの休業損害の提示金額は14万円にも満たないものでしたが、紛争処理センターに申し立て、70万円を超える家事従事者としての休業損害が認められました。

ベリーベスト法律事務所を選んだ理由

お客様からたくさんの”ご満足の声”をいただいております。ベリーベスト交通事故専門チームでは、お客様アンケートを実施し、ご感想をいただいております。 当事務所をお選びいただいたお客様の「生の声」をご確認いただき、ご検討の際にご参考にしていただければ幸いです。

ベリーベストを選んだ理由

  • 交通事故専門チームがある
  • 全国展開をしている
  • 交通事故の解決実績が豊富
  • 無料相談が出来る
お客様の声をもっと見る
お客様の声をもっと見る

経験豊富な解決実績を持つ
交通事故専門チームにご相談ください

交通事故の損害賠償金額に不安がある方は、
ベリーベスト法律事務所の交通事故専門チームまでご相談ください。
ベリーベスト法律事務の交通事故専門チームは
交通事故の経験豊富な解決実績を持つ弁護士集団を中心に
医療コーディネーター、パラリーガルなどの
専門スタッフで構成しております。

交通事故専門チームにご相談ください

ベリーベスト法律事務所の
交通事故専門チームの実績

  • 解決実績
    3053
  • 解決実績総額
    53 億円
  • 相談実績
    28922

2017年02月末現在

交通事故という非常に専門性の高い事件について、高い水準での対応を行うためには、どうしても専門チームを構成する必要があります。 受傷状況の確認やカルテ・XP、MRI画像のチェックから始まり、保険会社との交渉や訴訟について、専門スタッフだからこそ提供することの出来る高いサービスをより多くの被害者の方に受けて頂きたいと、私どもは考えております。 私たちは、Verybestの名のもとに、お客様にとってのbest Answerを導くことを、ここにお約束いたします。

ベリーベスト法律事務所では、交通事故の実績豊富な弁護士が中心となって、被害者の皆様の権利回復が達成されるよう取り組んでおります。

  • 外口 孝久外口 孝久
  • 牧野 孝二郎牧野 孝二郎
  • 弓倉 京平弓倉 京平
  • 今酒 雄一今酒 雄一
  • 幅野 直人幅野 直人

pagetop