0123456789
0123456789
0123456789
ご相談料無料・全国対応 0120-49-5225 平日 9:30~21:00 土日祝9:30~18:00
お問い合わせ

略歴

弁護士法人ベリーベストに在籍し、民事事件を中心に幅広い業務分野を取り扱うのと同時に、交通事故チームの一員として日々交通事故被害者救済のために働いています。

仕事をする上で心がけていること

交通事故のご依頼は非常に多いですが、画一的・機械的に対応するのではなく、皆様ひとりひとりのご要望に沿う最も良い方法は何か、ということを常に考え、ひとつひとつ柔軟に対応することを心がけています。

苦労すること

やはり何と言っても保険会社への対応が一番苦労します。
保険会社それぞれの問題もありますが、現実に我々がお話しあいをするのは、保険会社に勤めている社員さんになるわけで、その社員さんの個人差も感じるところです。
とくに、こちらからの提案、要求に迅速に対応していただけない場合も多く、もどかしい思いをさせられています。

うれしいと思うこと

交通事故に遭われた被害者である依頼者の方の多くは、どうしても事故をひきずってしまいます。危険にさらされ、現実に傷を負った方であれば当然と言えるでしょう。
このような方々が、我々にご依頼いただいたことをきっかけに、事故から解放され、前向きに変わっていくのを目の当たりにしたとき、何とも喜ばしい気持ちになります。

チームでサポートすることのメリット

弁護士法人ベリーベスト法律事務所では、担当の弁護士、一般的な窓口となる事務員及び後遺障害等に関する窓口となる事務員(いわゆるメディカルコーディネーター)等がチームを組んでご依頼者様のサポートをさせていたいています。
ご依頼いただいた後も基本的には担当弁護士に色々とご相談いただくことになると思いますが、どうしても弁護士は裁判所や病院同行などで席をはずしていることが多くなってしまいます。そこで、ご依頼者様の事情がわかる事務員が弁護士とチームで担当することで、弁護士が不在なときでも実情に即したご相談をお受けすることが可能です。
また、後遺障害については専門的な知識が必要となりますので、一般的な窓口となる事務員のほかに後遺障害等に関する窓口となる事務員(いわゆるメディカルコーディネーター)等もチームの一員です。
このように、弁護士法人ベリーベスト法律事務では、ご依頼者様のどのようなご相談にもいつでもご対応が可能な体制を採っています。

印象に残っているエピソード

交通事故の被害者の方は、まず弁護士に相談するという心理的なハードルがあると思いますが、昨今では弁護士に相談するにしても度の弁護士事務所の弁護士に相談すればいいか悩まれるほど、交通事故を取り扱っていると謳っている法律事務所が多くなってきているように思います。
色々な法律事務所に相談された後、弁護士法人ベリーベスト法律事務にご相談いただく方も少なくありません。 しかし、交通事故を取り扱っていると謳っている弁護士事務所が自分にあっているかどうかは分かりません。 先日解決した交通事故のご依頼者の方も、当初は何件も法律事務所を回られて、しかも、どの法律事務所からも依頼を断れていました。
確かに、非常に難しい請求でしたが、私は弁護士がサポートできるところがあるのではないかと思い、このご依頼を受けることにしました。
結局、解決まで2年ほどかかりましたが、当初保険会社から提示された金額が5万円程しかなかったものが、約180万円の賠償金額を獲得することができました。
解決後も、ご依頼者様から、いろんな法律事務所から断られた事故をあきらめずに解決していただいて本当に嬉しかったとのお声をいただきました。

どんな弁護士を目指しているか

時折交通事故のご相談を頂戴した方から「先生には聞きにくいんだけど、弁護士を選ぶ基準ってありますか?」と聞かれることあります。

弁護士に依頼をして解決に至るまでの時間は、事案によってまちまちでしょうが、数か月・数年にわたるものも少なくありません。長期にわたって依頼をしていれば、その間に疑問に思うことや不安に思うことも出てくると思います。そのときに、疑問や不安に思ったことを自分の中に溜めてしまうようでは、相談者が本当に望んだ解決を図れなくなってしまうのではないかと思います。

だから私は、弁護士を選ぶときには、実際に話したときに、この弁護士とであれば一緒に戦っていける・安心できるという印象を持てるかどうかが非常に重要だ、と答えるようにしていますし、私自身もそうでありたいと思っています。

お困りのことがある方はお気軽にご相談ください。
今をより良くするために、一緒に頑張りましょう。

担当事例

趣味・特技

メッセージ

趣味・特技ダイビング、サイクリング、映画鑑賞

メッセージ交通事故被害者の方の損害賠償請求は、交通事故に巻き込まれたことの恨み辛みを解消するためのものではありません。この請求は、不運にも交通事故の被害に遭われた方が、将来不安のない生活に戻るためのポジティブなものです。
事故をなかったことにはできませんが、将来のために十分な賠償が受けられるよう、是非我々にお手伝いさせてください。

出身 千葉県千葉市
出身大学 法政大学法学部法律学科卒業
出身法科大学院 中央大学法科大学院卒業
所属 東京弁護士会

pagetop