0123456789
0123456789
0123456789
ご相談料無料※・全国対応 0120-49-5225 平日9:30~21:00 土日祝9:30~18:00
お問い合わせ

※弁護士費用特約を利用されてご依頼となった場合には、特約から1時間1万円(税別)の相談料を頂戴いたしますが、お客様のご負担はございません。

交通事故の解決事例集

  • 異議申立
  • 示談交渉

異議申立てが認められ後遺障害非該当が12級13号へと覆った事例

<愛知県・男性・40代・会社員>


  • 最終示談金額:864万0000
  • 後遺障害等級:12級13号

保険会社の提示額 130万8519 から 734万円増!!

事故の状況

事故の状況

Oさんが自転車で歩道を走行中、脇道から出てきた普通乗用自動車と衝突。注意義務違反の程度など、事故態様に若干の争いがあり、過失割合にも争いがありました。

傷病名:右足関節脱臼骨折

ご依頼内容

ご依頼内容

Oさんは、本件事故により足関節脱臼骨折などと診断され、骨折部の骨癒合は得られたものの、症状固定後も痛みや違和感が残り続けました。ただ、相手方保険会社による事前認定では、かかる症状は後遺障害に該当しないという結果が出ておりました。Oさんは、この認定に疑問を感じ、当事務所にご相談・ご依頼いただくこととなりました。

ベリーベスト法律事務所の対応と、その結果

当事務所は、ご依頼を受けた後に資料を検討し、事前認定の結論に疑問を呈したため、準備を整えたうえ異議申立てを行いました。その結果、事前認定の結果を覆し、12級13号に該当するとの認定を得て、自賠責保険金224万円の支給を実現しました。 その後、後遺障害12級13号を前提とした賠償額を計算して相手方保険会社に損害賠償請求をしましたが、言い分がかなりの相違があったため、交通事故紛争処理センターに和解斡旋を申し立て、最終的に、自賠責保険金とは別に640万円の賠償金支払いを受けることができました。

担当弁護士
0120-49-5225

メール相談はこちら

電話相談はこちら