0123456789
0123456789
0123456789
ご相談料無料※・全国対応 0120-49-5225 平日9:30~21:00 土日祝9:30~18:00
※弁護士費用特約を利用されてご依頼となった場合には、特約から1時間1万円(税別)の相談料を頂戴いたしますが、お客様のご負担はございません。

交通事故・後遺障害等の解決事例集

  • 示談交渉

事前提示額の2倍以上の金額にて合意ができた案件

<兵庫県・男性・50代・会社員>


  • 最終示談金額:726万5396円
  • 後遺障害等級:12級7号

保険会社の提示額 306万2978円 から 420万円増!!

事故の状況

事故の状況

Aさんは、直進道路にて、歩道の歩行者待ちをしている際に、後ろから、加害者の車両に追突されたことにより、右膝の高原骨折、頚椎捻挫といった大きな傷害を負いました。

傷病名:頸椎捻挫、右脛骨高原骨折

ご依頼内容

ご依頼内容

Aさんは、事前認定により12級7号の後遺障害の等級が認定されたものの、相手方保険会社から、提示された示談金の金額に納得がいかず、なんとか弁護士が交渉することで増額が見込めないかと当所にご相談に来られました。当所の弁護士は、相手方保険会社の事前提示額を確認したところ、休業損害や逸失利益、慰謝料の金額が非常に低かったため、十分に増額の余地があるとアドバイスをいたしました。

ベリーベスト法律事務所の対応と、その結果

まず、当事務所は、相手方保険会社が提示してきた示談金の金額の内訳を詳細に検討いたしました。
最大で、どの程度の慰謝料、休業損害、逸失利益の金額になるかについて検討の上、相手方保険会社と交渉を開始いたしました。

相手方保険会社は当所の提示した金額よりも大幅に低い金額を提示してきていましたが、当事務所は、今回のケースでは労働能力喪失期間が何年であるのが一般的であるのか等具体的に説得をしたことにより、最初に提示を受けた金額よりも2倍以上の金額で合意をすることができました。

弁護士
0120-49-5225

メール相談はこちら

電話相談はこちら