0123456789
0123456789
0123456789
ご相談料無料※・全国対応 0120-49-5225 平日9:30~21:00 土日祝9:30~18:00
※弁護士費用特約を利用されてご依頼となった場合には、特約から1時間1万円(税別)の相談料を頂戴いたしますが、お客様のご負担はございません。

交通事故・後遺障害等の解決事例集

  • むちうち
  • 異議申立

後遺障害等級認定について異議申立てが認められ、男性の主夫休損も獲得!

<大阪府・男性・60代・無職>


  • 最終示談金額:997万8288円
  • 後遺障害等級:併合12級

事故の状況

事故の状況

Aさんは、自分の乗っている車を一時停止させていたところ、後方から来た車に激しく追突され、頚椎捻挫や腰椎捻挫、両肩関節捻挫、外傷性両側頚椎神経根症、外傷性両側根性腰椎症等の大きな傷害を負いました。

傷病名:頚椎捻挫、腰椎捻挫、両肩関節捻挫、外傷性両側頚椎神経根症、外傷性両側根性腰椎症

ご依頼内容

ご依頼内容

Aさんは、定年退職後、専業主夫として生活し、妻が働く一方、料理や掃除、洗濯などの家事に従事していましたが、今回の事故で家事が十分にできなくなりました。首や腰の痛みも酷く、医師から後遺障害が残るかもしれないと言われたので、弊所に相談されました。

ベリーベスト法律事務所の対応と、その結果

症状固定後、被害者請求を行い、後遺障害等級認定を求めたところ、併合第14級と判断されました。
しかしながら、通院中にMRIの検査を行っており、頚椎捻挫及び腰椎捻挫について画像所見があり、また、神経学的所見もありましたので、資料を集めて意見書も作成のうえ、異議申し立てを行いました。結果として、併合12級が認定されました。

その後、損害賠償額の交渉に入りました。ただ、保険会社としては、「専業主夫」への理解が乏しく、説明に苦労しました。これまでの職歴や専業主夫に至った経緯、一日のスケジュール等について、Aさんから聞き取りを行い、書面にして保険会社に提出する等、丁寧な立証をし、保険会社も、最終的には主夫としての休業損害を認めるに至りました。

慰謝料や逸失利益についても、裁判所基準額にできる限り近づけるよう、粘り強い交渉を行い、結果として十分な賠償額を得ることができました。

弁護士
0120-49-5225

メール相談はこちら

電話相談はこちら