全国対応
0120-49-5225 平日 9:30~21:00 |土日祝 9:30~18:00

よくある質問

外傷性頸部症候群を原因として自賠責後遺障害等級の認定は14級9号が認められました。しかし、 保険会社は、示談金として約151万円(既払金を除く。)を提示してきました。 金額に納得できないので増額を求めたいのですが、増額されるのでしょうか?ただ、生活が苦しいので早く解決もしたいのですが…

交通事故紛争処理センターなどを利用して、早期の解決を図ることができます。

弁護士による解説

このご質問に類似したケースが過去にあり、弁護士が介入後、何回も保険会社と交渉をしましたが、保険会社は、提示額を殆ど増額させることはありませんでした。

このように交渉に長期間の交渉が必要になる場合、ベリーベスト法律事務所では、進捗状況を被害者(クライアント)の方に報告させていただくと共に、交通事故紛争処理センターの利用について、解決への選択肢の一つとして提案させていただくことがございます。なお、過去の経験ですが、交通事故紛争処理センターを利用した結果、当初の保険会社の提示額から比較して約2倍(金額換算で150万円→300万円)に増額となった解決事例もあります。

「バイクで事故に遭ってしまいました」で少し触れたのですが、交通事故の問題解決にあたっては、状況の報告を交通事故の被害者の方に対して適切に行い、また、交通事故被害者の方の生活状況などを含め総合的に判断する必要があります。

特に交通事故に遭われてしまい、その結果発生してしまった障害などにより、勤務継続が困難となってしまう、更に言及すると、交通事故被害に合わせた方が一家の大黒柱であった場合など、被害者のご家族の方にまで甚大な影響を及ぼしてしまいます。他方で、交通事故被害者の方は、被害者になろうと思って事故に合わせる方などいらっしゃいませんから、時期なども選ぶこともできません。

従って、交通事故被害者の方のお子様が調度、受験時期に入っておられ教育費に支出を多くかける必要があるなどといった場合、休業に関する補填を保険会社から受けているとはいえ、どうしても家計において赤字を計上し続けてしまうような状態が発生するなど、色々な状況が考えられます。

このような場合、ベリーベスト法律事務所では、交通事故の被害者の方と相談の上、交通事故争処理センターに事案を持ちこみ、問題の早期解決を図ることもあります。

メールで相談 24時間受付 電話で無料相談 平日9:30~21:00 土日祝9:30~18:00