0123456789
0123456789
0123456789
ご相談料無料※・全国対応 0120-49-5225 平日9:30~21:00 土日祝9:30~18:00

※弁護士費用特約を利用されてご依頼となった場合には、特約から1時間1万円(税別)の相談料を頂戴いたしますが、お客様のご負担はございません。

顔(耳)の後遺障害

耳の後遺障害認定


聴力の後遺障害

(1)両耳の聴力に関するもの

両耳の聴力に関するもの
等級 後遺障害
4級3号 両耳の聴力を全く失ったもの
平均純音聴力レベルが90dB以上、または80dB以上で、かつ、最高明瞭度が30%以下のものを説明しています。
6級3号 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
耳に接しなければ大声を解することができないとは、80dB以上、または50dB~80dB未満で、かつ最高明瞭度が30%以下のものを説明しています。
6級4号 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
耳に接しなければ大声を解することができないとは、80dB以上、または50dB~80dB未満で、かつ最高明瞭度が30%以下のものを説明しています。
7級2号 両耳聴力が40cm以上の距離では、普通の話声を解することができない程度になったもの
両耳が50dB以上で、かつ、最高明瞭度が50%以下のものを説明しています。
7級3号 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
1耳が90dB以上で、かつ、他耳が60dB以上を説明しています。
9級7号 両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの
耳が60dB以上、または50dB以上で、かつ、最高明瞭度が70%以下のものを説明しています。
9級8号 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの
1耳が80dB以上で、かつ、他耳が50dB以上を説明しています。
10級5号 両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの
両耳が50dB以上、又は40dB以上で、かつ、最高明瞭度が70%以下のものを説明しています。
11級5号 両耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
両耳が40dB以上のものを説明しています。

(2)片耳の聴力に関するもの

1耳の聴力に関するもの
等級 後遺障害
9級9号 1耳の聴力を全く失ったもの
1耳の聴力を全く失ったものは、90dB以上のものを説明しています。
10級6号 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
80dB~90dB未満のものを説明しています。
11級6号 1耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
70dB~80dB未満、又は、50dB以上で、かつ、最高明瞭度が50%以下のものを説明しています。
14級3号 1耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
40dB~70dB未満のものを説明しています。

1耳と他耳との聴力レベルの組み合わせによる認定基準一覧表

1耳と他耳の
組み合わせ
90dB
以上
90dB
未満~
80dB
以上
80dB
未満~
70dB
以上
70dB
未満~
60dB
以上
60dB
未満~
50dB
以上
50dB
未満~
40dB
以上
40dB
未満
90dB
以上
4級3号 6級3号 6級4号 7級3号 9級8号 9級9号 9級9号
90dB未満~
80dB以上
6級3号 6級3号 7級2号 9級7号 9級8号 10級5号 10級5号
80dB未満~
70dB以上
6級4号 7級2号 7級2号 9級7号 10級4号 11級5号 11級6号
70dB未満~
60dB以上
7級3号 9級7号 9級7号 9級7号 10級4号 11級5号 14級3号
60dB未満~
50dB以上
9級8号 9級8号 10級4号 10級4号 10級4号 11級5号 14級3号
50dB未満~
40dB以上
9級9号 10級5号 11級5号 11級5号 11級5号 11級5号 14級3号
40dB未満 9級9号 10級5号 11級6号 14級3号 14級3号 14級3号
1耳と他耳の
組み合わせ
90dB以上
90dB以上 4級3号
90dB未満~
80dB以上
6級3号
80dB未満~
70dB以上
6級4号
70dB未満~
60dB以上
7級3号
60dB未満~
50dB以上
9級8号
50dB未満~
40dB以上
9級9号
40dB未満 9級9号

1耳と他耳の
組み合わせ
90dB未満~
80dB以上
90dB
以上
6級3号
90dB未満~
80dB以上
6級3号
80dB未満~
70dB以上
7級2号
70dB未満~
60dB以上
9級7号
60dB未満~
50dB以上
9級8号
50dB未満~
40dB以上
10級5号
40dB未満 10級5号

1耳と他耳の
組み合わせ
80dB未満~
70dB以上
90dB
以上
6級4号
90dB未満~
80dB以上
7級2号
80dB未満~
70dB以上
7級2号
70dB未満~
60dB以上
9級7号
60dB未満~
50dB以上
10級4号
50dB未満~
40dB以上
11級5号
40dB未満 11級6号

1耳と他耳の
組み合わせ
80dB未満~
70dB以上
90dB
以上
6級4号
90dB未満~
80dB以上
7級2号
80dB未満~
70dB以上
7級2号
70dB未満~
60dB以上
9級7号
60dB未満~
50dB以上
10級4号
50dB未満~
40dB以上
11級5号
40dB未満 11級6号

1耳と他耳の
組み合わせ
70dB未満~
60dB以上
90dB
以上
7級3号
90dB未満~
80dB以上
9級7号
80dB未満~
70dB以上
9級7号
70dB未満~
60dB以上
9級7号
60dB未満~
50dB以上
10級4号
50dB未満~
40dB以上
11級5号
40dB未満 14級3号

1耳と他耳の
組み合わせ
60dB未満~
50dB以上
90dB
以上
9級8号
90dB未満~
80dB以上
9級8号
80dB未満~
70dB以上
10級4号
70dB未満~
60dB以上
10級4号
60dB未満~
50dB以上
10級4号
50dB未満~
40dB以上
11級5号
40dB未満 14級3号

1耳と他耳の
組み合わせ
50dB未満~
40dB以上
90dB
以上
9級9号
90dB未満~
80dB以上
10級5号
80dB未満~
70dB以上
11級5号
70dB未満~
60dB以上
11級5号
60dB未満~
50dB以上
11級5号
50dB未満~
40dB以上
11級5号
40dB未満 14級3号

1耳と他耳の
組み合わせ
40dB未満
90dB
以上
9級9号
90dB未満~
80dB以上
10級5号
80dB未満~
70dB以上
11級6号
70dB未満~
60dB以上
14級3号
60dB未満~
50dB以上
14級3号
50dB未満~
40dB以上
14級3号

両耳の聴力レベルと最高明瞭度との組み合わせによる認定基準一覧表

聴力レベル組み合わせ 30%以下 50%以下~30%超 70%以下~50%超
90dB以上
90dB未満~80dB以上 4級3号
80dB未満~70dB以上 6級3号
70dB未満~60dB以上 6級3号 7級2号
60dB未満~50dB以上 6級3号 7級2号 9級7号
50dB未満~40dB以上 10級5号 10級4号
聴力レベル
組み合わせ
30%以下
90dB未満~80dB以上 4級3号
80dB未満~70dB以上 6級3号
70dB未満~60dB以上 6級3号
60dB未満~50dB以上 6級3号

聴力レベル
組み合わせ
50%以下~
30%超
70dB未満~60dB以上 7級2号
60dB未満~50dB以上 7級2号
50dB未満~40dB以上 10級5号
聴力レベル
組み合わせ
70%以下~
50%超
60dB未満~50dB以上 9級7号
50dB未満~40dB以上 10級4号

両耳の聴力レベルと最高明瞭度との組み合わせによる認定基準一覧表

  50%以下
70dB未満~60dB以上 10級4号
60dB未満~50dB以上 10級4号

(3)他覚的検査

ア 純音聴力検査
オージオメーターを使用し気導聴力検査と骨導聴力検査の2つが実施されます。気導とは空気中を伝わってきた音、骨導とは焼鳥の軟骨を食べたときにコリコリと感じる音で、頭蓋骨を伝わってきた音のことです。
額と耳たぶに電極シールをつけ、ヘッドホンからの音を聞いて検査します。
検査時間は、30~40分、検査費用は3割負担で2010円となります。
難聴には伝音性、感音性、これらの2つが重なり合った混合性がありますが、伝音性は気導聴力検査で、感音性は骨導聴力検査で判定します。
イ 語音聴力検査
言葉の聞こえ方と聞き分ける能力を検査します。スピーチオージオメーターを使用し、語音聴取域値検査と語音弁別検査が実施されます。
検査値はヘルツごとに明瞭度で表示され、その最高値を最高明瞭度として採用します。
これらの2つの検査、事実上は4つの検査から求められた数値で、聴力を判断するのです。
ウ 注意点
聴力障害の等級は、純音聴力と語音聴力検査の測定結果を基礎に、両耳では6段階、片耳では4段階の等級が設定されています。両耳の聴力障害については、障害等級表の両耳の聴力障害で認定、片耳ごとの等級による併合の扱いは行いません。

(4)後遺障害等級認定獲得のためのポイント

立証の検査 純音聴力検査(オージオメーター)
語音聴力検査(スピーチオージオメーター)
聴力検査の回数 日を変えて3回
聴力検査の間隔 検査と検査の間隔は7日間
後遺障害等級の認定 等級は、純音聴力検査では、2回目と3回目の測定値の平均で認定されます。
2回目と3回目の測定値に10dB以上の差が認められる場合は、さらに、聴力検査を行って、2回目以降の検査で、その差がもっとも小さい(10dB未満)ものの平均により認定されます。
平均純音聴力の求め方 A周波数500ヘルツ
B周波数1000ヘルツ
C周波数2000ヘルツ
D周波数4000ヘルツ
上記のレベルで聴力を測定し、(A+2B+2C+D)÷6の式で求めます。

従来は、先の純音聴力検査と語音聴力検査で聴力の確認は可能です。しかし、これらの検査は被害者の自覚的な応答で判定がなされています。そのため、自賠責調査事務所がこれらの検査結果に不審を感じた場合は、さらに他覚的聴力検査を求めてきます。
ABR・聴性脳幹反応とSR・あぶみ骨筋反射が、誤魔化しようのない検査となります。ABRは音の刺激で脳が示す電気生理学的な反応を読み取って、波形を記録するシステムです。被験者の意思でコントロールすることはできません。被験者が眠っていても検査は可能です。
中耳のあぶみ骨には耳小骨筋が付いています。大音響が襲ってきた場合、この小骨筋は咄嗟に収縮して内耳を保護します。この収縮作用を利用して聴力を検査するのがSRです。インピーダンスオージオメトリーで検出します。ABRと同じく、被験者の意思でコントロールはできません。

耳殻の欠損障害

等級 後遺障害
12級4号 1耳の耳殻の大部分を欠損したもの

耳鳴りと耳漏

等級 後遺障害
12級相当 30dB以上の難聴を伴い、著しい耳鳴りを常時残すことが他覚的検査により立証可能なもの
30dB以上の難聴で、常時耳漏を残すもの
14級相当 30dB以上の難聴を伴い、常時耳鳴りを残すもの
30dB以場の難聴で、耳漏を残すもの

これらの2つはいずれも難聴を伴います。30dB以上の難聴を伴わないものは後遺障害の対象とはなりません。
耳鳴りとは、どこからも音が聞こえないのに、耳あるいは頭蓋内に音を感じる状況です。被害者の多くは、昼間は何ともないが、夜、布団に入るとジンジン、ザワザワとして眠れないと訴えます。聴覚伝達路やその周辺に何らかの異常があって発症すると考えられていますが、医学的には未だ十分に解明されていない状況です。
ピッチ・マッチ検査とラウドネス・バランス検査で立証します。0dB以上の難聴を伴い、著しい耳鳴りを常時残すことが他覚的検査により立証可能なものは12級相当、30dB以上の難聴を伴い、常時耳鳴りを残すものは14級相当と認定されます。
著しい耳鳴とは、先の検査で耳鳴が存在すると認められるもの、耳鳴が常時存在するとは、昼間は自覚症状がないものの夜間になると自覚症状を有する場合を説明しています。
耳漏は、交通事故受傷で鼓膜に穴が開き、外耳道から病的分泌物が流れ出す状況のことです。
30dB以上の難聴で、常時耳漏を残すものは12級相当、30dB以上の難聴で、耳漏を残すものは14級相当と認定されます。
耳鳴り、耳漏とも、オージオメーター検査を受け、オージオグラムを後遺障害診断書に添付しない限り、等級が認定されることはありません。
内耳の損傷による平衡機能障害は神経系統の機能の障害で等級が認定されます。内耳の損傷により平衡機能障害の他に聴力障害が認められる場合は、それらを併合して等級が認定されています。
事故外傷による外耳道の高度な狭窄で、耳漏を伴わないものは、14級相当となります。

平衡機能障害

人間の身体の平衡機能は、①三半規管や耳石の前庭系、②視覚系、③表在・深部知覚系、以上の3系統から発信された情報を小脳及び中枢神経系が統合して左右のバランスを取り、維持されています。平衡機能障害を来す部位は上記の3つの規管以外にも脳幹・脊髄・小脳の中枢神経系が考えられるのです。


(1)失調・眩暈および平衡機能障害の後遺障害等級

等級 後遺障害
3級3号 生命の維持に必要な身の回り処理の動作は可能であるが、高度の失調または平衡機能障害のために終身労務に就くことができないもの
5級2号 著しい失調又は平衡機能障害のために、労働能力が極めて低下し一般平均人の4分の1程度しか残されていないもの
7級4号 中程度の失調又は平衡機能障害のために、労働能力が一般平均人の2分の1以下程度に明らかに低下しているもの
9級10号 一般的な労働能力は残存しているが、眩暈の自覚症状が強く、かつ、他覚的に眼振その他平衡機能検査の結果に明らかな異常所見が認められるもの
12級13号 労働には通常差し支えがないが、眼振その他平衡機能検査の結果に異常所見が認められるもの
14級9号 眩暈の自覚症状はあるが、他覚的には眼振その他平衡機能検査の結果に異常所見が認められないもので、単なる故意の誇張でないと医学的に推定されるもの

(2)覚的検査

検査名 実施されるテスト
立直り反射検査 ロンベルグテスト
マンテスト
ゴニオメーターテスト(斜面台テスト)
偏倚検査 指示テスト
遮眼書字テスト

こ平衡機能の検査には立直り反射検査と偏倚検査が絶対に必要です。

電話相談はこちら