0123456789
0123456789
0123456789
ご相談料無料※・全国対応 0120-49-5225 平日9:30~21:00 土日祝9:30~18:00
お問い合わせ

※弁護士費用特約を利用されてご依頼となった場合には、特約から1時間1万円(税別)の相談料を頂戴いたしますが、お客様のご負担はございません。

顔(眼)の後遺障害

眼の後遺障害認定

眼の後遺障害は、1.眼球の障害と、2.眼瞼の障害に大きく区分されています。
そして、1.眼球の後遺障害は、視力障害、調整機能障害、運動障害、視野障害に、2.眼瞼の障害は、欠損と運動障害に細分化されています。
ここでの重要なポイントは、「外傷に起因する他覚的所見により、後遺障害の存在を証明できること」であり、これが後遺障害認定の絶対条件となっています。

1.眼球の後遺障害

(1)視力障害(失明・視力低下)

視力に関すること
等級 後遺障害
1級1号 両眼が失明したもの
2級1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの
2級2号 両眼の視力が0.02以下になったもの
3級1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの
4級1号 両眼の視力が0.06以下になったもの
5級1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
6級1号 両眼の視力が0.1以下になったもの
7級1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
8級1号 1眼が失明し、または1眼の視力が0.02以下になったもの
9級1号 両眼の視力が0.6以下になったもの
9級2号 1眼の視力が0.06以下になったもの
10級1号 1眼の視力が0.1以下になったもの
13級1号 1眼の視力が0.6以下になったもの
ア 眼球の外傷
視力障害は、頭部外傷による視神経損傷と、眼球の外傷を原因とするものに大別できますが、ここでは眼球の外傷を原因とするものに限定して説明を加えます。
視力は万国式試視力表で検査します。等級表で説明する「視力」とは、裸眼視力ではなく、矯正視力(眼鏡、コンタクトレンズ、眼内レンズ等の装用で得られた視力)のことです。
「失明」とは、眼球を失ったもの、明暗を区別できないもの、ようやく明暗を区別できるもの、つまり矯正された視力で0.01未満を説明しています。
両眼の視力障害は、等級表の両眼の項目で認定します。1眼ごとに等級を決めて併合は行いません。
イ 視神経損傷と眼球の外傷
ここでは視神経損傷と、眼球の外傷の両方を説明します。
眼の直接の外傷による視力障害は、前眼部・中間透光体・眼底部の検査で立証します。
前眼部と中間透光体の異常は、スリット検査で調べます。眼底部の異常は、直像鏡で検査します。
視力検査は先ず、オートレフで裸眼の正確な状態を検査します。例えば水晶体に外傷性の異常があれば、エラーで表示されるのです。
その後、万国式試視力検査で裸眼視力と矯正視力を計測します。前眼部・中間透光体・眼底部に器質的損傷が認められる場合、つまり、眼の直接の外傷は、先の検査結果を添付すれば後遺障害診断は完了します。
これらで明らかな異常所見が認められない場合は、電気生理学的検査、ERG(electroretinogram)を受けなければなりません。ERGは網膜電位と訳すのですが、網膜に光刺激を与えたときに現れる網膜の活動電位をグラフにして記録したものですので、当然、ごまかしがききません。
自賠責調査事務所は、明らかに客観的な他覚所見が取れるとして、この検査結果を最も重要視しています。
ウ 視神経損傷が疑われる場合
最後に、視覚誘発電位検査、VEP(visual evoked potentials)です。
これは眼球の外傷ではなく、視神経損傷が疑われる場合の検査で、網膜から後頭葉に至る視覚伝達路の異常をチェックします。光刺激によって後頭葉の脳波を誘発し記録します。
エ 外傷性頚部症候群由来の眼の症状
外傷性頚部症候群でも、頚部交感神経異常=バレ・リュー症候群であれば、視力低下、調節力障害が発生し得ます。そして、その結果、例えば矯正視力検査で右眼の視力が0.5になったら13級1号が認定されるのかが問題となりますが、結論から申し上げれば、非該当です。
なぜなら、交感神経=自律神経異常による眼の症状は一過性のもので、生涯継続するものと捉えられていないからです。頚部神経症状として、14級9号、12級13号の選択です。外傷性頚部症候群、頚椎捻挫由来の眼の症状は、眼の後遺障害等級認定基準では判断されません。

(2)調節機能障害

調節機能に関すること
等級 後遺障害
11級1号 両眼の眼球に著しい調節機能障害または運動障害を残すもの
※アコモドポリレコーダーによる調節力が2分の1以下に減じたもの、眼球の調節力は55歳を超えると実質的な機能は失われます。55歳以上の被害者は等級認定の対象とはなりません。
12級1号 1眼の眼球に著しい調節機能障害または運動障害を残すもの

眼の調節機能は、水晶体が担当しています。水晶体は、近くの物を見るときは膨張、遠くの物を見るときは縮小して、奥の網膜に像を結びます。カメラに置き換えて、ピント合わせと理解してください。
調節力は、ジオプトリ(D)の単位で表します。
検査にはアコモドポリレコーダーが調節機能測定装置として使用され、調節力が2分の1以下となったものが後遺障害の対象となります。
調節機能障害は、アコモドポリレコーダーを使用し、少なくとも3回以上の検査を重ね、その結果がほぼ一定で、正常な人の2分の1以下であれば、著しい調節機能障害で、単眼で12級1号が、両眼で11級1号が認定されます。

(3)眼球の運動障害

運動障害に関すること
等級 後遺障害
11級1号 両眼の眼球に著しい調節機能障害または運動障害を残すもの
※眼球の著しい運動障害とは、ヘスコオルジメーターで眼球の注視野の広さが2分の1以下となったものを説明しています。
12級1号 1眼の眼球に著しい調節機能障害または運動障害を残すもの
ア 斜視
「斜視」は、傷病名としては、外転神経麻痺、動眼神経麻痺、滑車神経麻痺になります。後遺障害認定上は、視野計を使用し、注視野を測定します。注視野とは、頭部を固定した状態で、眼球の運動のみで見える範囲のことですが、単眼視では各方向50°両眼視では45°となります。注視野の広さが2分の1以下に制限されれば、著しい運動障害として、単眼で12級1号が、両眼で11級1号が認定されます。
イ 複視
眼球運動障害として後遺障害等級に該当しないものであっても、「複視」が認められる場合は、その程度に応じて等級が認定されています。
複視に関すること
等級 後遺障害
10級2号 正面視で複視の症状を残すもの
13級2号 正面視以外で複視の症状を残すもの

複視には正面視での複視、左右上下の複視の2種類があります。検査には、ヘスコオルジメーターを使用し、複像表のパターンで判断します。正面視の複視は、両眼で見ると高度の頭痛や眩暈が生じるので、日常生活や業務に著しい支障を来すものとして10級2号の認定がなされます。左右上下の複視は正面視の複視ほどの大きな支障は考えられないのですが、軽度の頭痛や眼精疲労は認められます。この場合は13級2号の認定がなされます。

(4)視野障害

視野に関すること
等級 後遺障害
9級3号 両眼に半盲症、視野狭窄または視野変状を残すもの
※ゴールドマン視野計で、正常視野の60%以下になったものを視野狭窄と説明します。
13級3号 1眼に半盲症、視野狭窄または視野変状を残すもの

眼で見た情報は、網膜から後頭葉の視中枢に伝達されます。右目で捉えた実像と、左眼で捉えた実像は、それぞれ視神経を通じて、大脳の視中枢に運ばれますが、左右の視神経は途中で半交差します。これにより、左右の目で感知された情報を脳内で合体させ、物体を立体的に見ることができるのです。この視覚伝達路に損傷を受けると、視力や視野に異常が出てくるのです。受傷後、見ようとする部分が見えにくい、目前や周りが見えにくいといった自覚症状から、気付くことが多いのですが、視野とは、眼前の1点を見つめているときに、同時に見ることのできる外界の広さのことで、半盲症、視野狭窄、視野変状について後遺障害等級の認定が行われています。

日本人の視野の平均値
上外 外下 下内 内上
60 75 95 80 70 60 60 60 560
日本人の視野の平均値
60
上外 75
95
外下 80
70
下内 60
60
内上 60
560

上の表は、日本人の正常な視野の平均値を説明しています。8方向の角度の正常値は合計で560°となります。この合計値が60%以下、つまり336°以下となった場合「視野狭窄」と認められます。1眼で13級3号が、両眼で9級3号が認定されます。

2.眼瞼の後遺障害

眼瞼の欠損、睫毛はげ、瞳孔異常、眼瞼の運動障害について、等級認定が行われています。

(1)欠損に関すること

等級 後遺障害
9級4号 両眼の瞼に著しい欠損を残すもの
※瞼を閉じたときに、角膜を完全に覆い得ない程度のものを説明しています。
11級3号 1眼の瞼に著しい欠損を残すもの

瞼に著しい欠損を残すものとは、瞼を閉じたときに角膜を完全に覆うことができないことを説明しています。単眼で11級3号が、両眼で9級4号が認定されます。瞼の一部に欠損を残すものとは、瞼を閉じれば角膜は完全に覆うことができるものの、白目が露出する状況を説明しています。単眼で14級1号が、両眼で13級4号が認定されます。瞼の欠損は、外貌の醜状障害としても捉えることが可能です。両方の観点から捉え、いずれか、上位等級を認定することになります。

(2)眼瞼の運動障害

等級 後遺障害
11級2号 両眼の瞼に著しい運動障害を残すもの
12級2号 1眼の瞼に著しい運動障害を残すもの
13級4号 両眼の瞼の一部に欠損を残しまたは睫毛はげを残すもの
※瞼の一部に欠損を残すとは、瞼を閉じたときに、角膜を完全に覆うことができるが、白眼(球結膜)が露出している程度のものを説明しています。
14級1号 1眼の瞼の一部に欠損を残しまたは睫毛はげを残すもの
※睫毛はげとは、睫毛のはえている周縁の2分の1以上にわたって睫毛のはげを残すものを説明しています。

眼瞼の運動障害は、顔面や側頭部の強打で、視神経や外眼筋が損傷されたときに発症します。horner症候群、動眼神経麻痺、眼瞼外傷、外転神経麻痺が代表的な傷病名です。
瞼には、1.瞼を閉じる=眼瞼閉鎖、2.瞼を開ける=眼瞼挙上、3.瞬き=瞬目運動の3つの運動があり、後遺障害の、瞼に著しい運動障害を残すものとは、瞼を閉じたときに、角膜を完全に覆えないもので、兎眼と説明します。
同じく、瞼を開いたときに、瞳孔を覆うもので、これは、眼瞼下垂と説明します。単眼で12級2号、両眼で11級2号が認定されますが、男女とも、相当に深刻です。
睫毛はげは、睫毛の生えている瞼の周縁の2分の1以上にはげを残すものに限って認定されます。単眼で14級1号が、両眼で13級4号が認定されるにすぎません。

3.その他、瞳孔の異常と涙小管断裂による流涙

瞳孔は通常は光に反応して収縮します。支配しているのは自律神経ですが、目に入る光量が低下すると最大6mmの大きさに散大します。
外傷によって瞳孔が開いたままとなり、光に対する反応が消失又は減弱したものを外傷性散瞳と説明します。
瞳孔の対光反射が著しく障害され、著明な羞明を訴え労働に支障を来すものは、単眼で12級相当、両眼で11級相当が認定されます。
瞳孔の対光反射は認められるが不十分であり、羞名を訴え労働に支障を来すものは、単眼で14級相当、両眼で12級相当が認定されます。対光反射検査で立証します。
涙小管断裂により、常に流涙が認められるものは14級相当が認められます。

後遺障害等級認定獲得のためのポイント

障害の内容 運動障害に関すること
視力
※失明・視力低下
前眼部と中間透光体はスリット検査、眼底部は直像鏡で異常を検査、次にオートレフで裸眼の状態をチェックし、万国式試視力検査で裸眼視力と矯正視力を計測します。
前眼部・中間透光体・眼底部に異常の認められない視神経損傷は、ERG、VEP検査で立証します。外傷性頚部症候群由来の視力低下は、頚部神経症状として14級、12級が選択されます。視力検査で異常が認められても、眼の障害として等級の認定はありません。
眼の調節機能 アコモドポリレコーダーで調節機能を検査します。
眼球の運動障害 ゴールドマン視野計で注視野を測定、複視は、ヘスコオルジメーターで測定します。
視野障害 ゴールドマン視野計、視神経障害にはフリッカー検査も実施されています。
眼瞼の障害 欠損・運動障害・睫毛はげは、ともに眼科医の視触診で決められます。
写真を添付すれば補強資料となります。
外傷性散瞳 両眼の瞳孔の直径を測定して対光反射の障害の度合いを判断します。
外傷性散瞳に視力障害または調節機能障害が認められる場合、等級は併合します。

たとえば、視力障害で、万国式試視力検査で矯正視力を測定しても、それで完了ではありません。視力障害の原因を立証、特定しない限り、障害等級の認定はあり得ないのです。
眼の外傷は、必ず前眼部・中間透光体・眼底部の検査で異常を立証しなければなりません。
眼科の診療は、白内障、緑内障等の内科的な疾患、外傷性では結膜炎等の治療が中心で、頭部外傷を原因とする視神経の損傷は本来、脳神経外科や神経内科の領域で、眼科の得意とするところではありません。
したがって、頭部外傷を原因とする半側空間無視等の視野狭窄は、担当科の紹介で検査のみの受診をすることになります。この場合は、担当科の紹介を前提に、医大系の神経眼科を選択することになります。
眼科にお願いするのは、立証のための検査だけです。検査結果は後遺傷害診断書に記載を受け、検査表のすべてをコピーで回収、添付しなければなりません。

電話相談はこちら