0123456789
0123456789
0123456789
ご相談料無料・全国対応 0120-49-5225 平日 9:30~21:00 土日祝9:30~18:00
お問い合わせ

むちうち損傷 ~頸椎捻挫・腰椎捻挫の方へ~ 交通事故による衝撃で首や腰を痛めてしまったいわゆる「むちうち損傷」となってしまった方、ベリーベストが最大限お手伝いします。

交通事故による衝撃で首や腰を痛めてしまったいわゆる「むちうち損傷」となってしまった方、ベリーベストが最大限お手伝いします。

むちうち損傷とは?むちうち損傷とは?

「頚椎捻挫」等、骨折や脱臼のない頚椎(首)の損傷のことを、
いわゆる「むちうち損傷」と呼んでいます。
ここではわかりやすく、「腰椎捻挫」についても含めてお話していきます。

骨折等の異常はないと言われたけれど…
こんな症状でお困りではないですか?

  • 首~肩にかけてや腰の痛みが続いている
  • 寒い日や雨の日は体調が悪い
  • 手足に痺れがでている
  • 頭痛やめまい、耳鳴などが続いている

交通事故で「むちうち」になり、
辛い思いをしている方は多数いらっしゃることでしょう。
ベリーベストではむちうちに悩まされている被害者の方に対して、
最大限サポートいたします!

お電話でのお問い合わせ

全国対応!ご相談無料

お電話0120-49-5225

[ 受付時間 平日9:30~21:00 / 土日祝9:30~18:00 ]

むちうちは「後遺障害」として認められるの? むちうちだからといって後遺障害の申請をあきらめていませんか?後遺障害の申請を
あきらめていませんか?

骨折は
していないし… 入院するような大ケガではないから…

痛みや痺れなどで長期間に渡って辛い思いをしているあなたは、
後遺障害の認定を受けられる可能性があります。

ベリーベストでは、
多数のむちうちでお困りの方々にご依頼いただき、弁護士がお手伝いして、
実際に多くの後遺障害の認定を受けているという実績があります!

自賠責保険では、以下のとおり等級が定められています。
むちうちにおいては、
一般的に 「14級」の認定がおりる方が多い といえるでしょう。

boy
等級 後遺傷害の内容 保険金額
12級 局部に頑固な神経症状を残すもの 224万円
14級 局部に神経症状を残すもの 75万円

ベリーベストではむちうちで悩んでいる方一人ひとりに合わせて、
ベストな方法をご提案していきます。

認定されるための5つのポイント認定されるための
5つのポイント

1. 画像所見
point1
むちうちにおいては、MRI画像に頸椎・腰椎のダメージが見て取れることが非常に重要です。
自賠責保険における認定では、「14級は他覚的所見がない場合、12級は他覚的所見がある場合」と基準が設けられているので、MRI画像等において他覚的所見(=ヘルニアなど)が認められれば、認定の可能性がグッと高まるからです。
ちなみに、MRI画像において軽度のヘルニアが認められる程度では、12級が認定されることは滅多にありませんが、14級が認定される根拠となることはありますので、14級の認定を目指していく場合であっても、MRIの撮影を受けておくことは重要です。
2. 神経学的所見の有無
point2
むちうちの程度がどれくらいのものであるかを客観的に裏付ける検査としては、頸椎部分にはスパーリングテスト・ジャクソンテスト、腰椎部分にはラセーグテスト・SLRテストなどがあります。
他にも、深部腱反射検査・徒手筋力テスト・知覚検査など、様々な種類の検査がありますが、 医師はこの全てを自発的に実施してくれるわけではありませんので、弁護士から実施を促していく必要があることもあります。
3. 通院の実績
point3
むちうちにおいて、MRI画像や神経学的所見でハッキリと症状の残存が裏付けられることは、ほとんどないと言っていいと思います。したがって、結局は「どのようにして自覚症状を客観的に裏付けていくのか」という点が問題になってきます。 その意味で、「定期的に、かつ、長期間、整形外科に通院していた」という事実は、自覚症状を裏付けるものとして非常に重要です。痛みが続くというのであれば、忙しくても、何とか時間を捻出して 定期的に通院しておくべきです。
4. 症状の一貫性
point4
認定する自賠責の立場で診断書を見てみたとき、通院3ヶ月目に急に「指先に痺れがある」という記載が出てきたらどう思うでしょうか。医学的に考えて、受傷後3ヶ月経った後に痺れが出てくるということは考えられないため、自賠責としては「本当にしびれがあるのか?」と疑ってしまうでしょう。 このような疑いを抱かれないためには、 症状が一貫して継続していることが必要です。交通事故に遭った直後から、自分が感じている痛みをなるべく具体的に医師に伝えるようにしましょう。
5. 不足のない診断書
point5
医師とのコミュニケーションが不十分であったりすると、被害者の状態をしっかりと反映していない診断書が作成されることがあります。常日頃から、自分が感じている痛みをしっかりと医師に伝えることが大事ですし、場合によっては、弁護士の働きかけにより診断書の修正をお願いすることもあります。

ベリーベストでは弁護士がお客様からのヒアリングや資料の精査を行った上で、
専門的な分野においてもしっかりと検討 を行います。

ベリーベストが選ばれる5つの理由ベリーベストが
選ばれる5つの理由

1. 交通事故専門チーム1. 交通事故専門チーム
ベリーベストは交通事故分野に注力する弁護士パラリーガル医療コーディネーターとで構成された交通事故専門チームを有しています。
専門チームでは、みなさまに質の高いサービスを提供するため、勉強会の実施や事例の共有などを行い、日々努力を続けています。
多数の実績と経験豊富な弁護士・スタッフがあなたの交通事故を最後まで全力でサポートします。
  • 弁護士 外口 孝久
  • 弁護士 牧野 孝二郎
  • 弁護士 弓倉 京平
  • 弁護士 今酒 雄一
  • 弁護士 幅野 直人
2. 治療中からのサポート2. 治療中からのサポート
治療中でも安心してください。ベリーベストでは,今後のことを見据えて、かかるべき病院、医師へ伝えるべきことや実施すべき検査などのアドバイスを行っています。治療中から弁護士がサポートして準備をしていくことで、実際の後遺障害認定や示談交渉のタイミングで慌てず適切に対応することができます。
3. 全国対応3. 全国対応
ベリーベストは全国22拠点!日本中どこでも対応しています。「事務所が遠いから…」という方も大丈夫。ご不安な点があれば是非直接お問い合わせください。
4. 診断書や医療記録の確認
自賠責による認定手続きにおいては、対面による診察は存在せず、書面のみによる審査が行われます。
したがって、傷病名や症状など、ちょっとした記載漏れによって適切な評価がなされないということも十分起きうるため、慎重に対応することが必要です。
ベリーベストでは、 診断書に不備不足がないか弁護士が必ず検討しますので、不十分な書面で不適切な審査がなされるということはありません。
5. 豊富な解決実績5. 豊富な解決実績
これまでに 3,420件解決してきたベリーベストだからこそ、むちうちでお悩みの方一人ひとりに合った適切なアドバイスをすることができます!

お電話でのお問い合わせ

全国対応!ご相談無料

お電話0120-49-5225

[ 受付時間 平日9:30~21:00 / 土日祝9:30~18:00 ]

知っていますか?弁護士が交渉すると賠償額を増額できる可能性が高いです弁護士が交渉すると
賠償額を増額できる
可能性が高いです

ベリーベストでは、後遺障害認定のサポートはもちろんのこと、その後の示談交渉についても最後までサポートしています!

  • むちうちで14級の認定を受けたAさん(30歳・男性) 保険会社提示額は約120万円でしたが、弁護士が介入した後の示談額は約300万円に増額しました。
  • むちうちで14級の認定を受けたBさん(42歳・女性) 保険会社提示額は約115万円でしたが、弁護士が介入した後の示談額は約385万円に増額しました。

ベリーベストの弁護士は最大限あなたやご家族の生活が補償されるよう、
裁判所基準額で粘り強く交渉します。

必要だと判断した場合は裁判へ移行し、
しっかりとした賠償額を勝ち取れるよう、全力を尽くします。

解決事例 その1

むちうち等で非該当から
ベリーベスト介入で異議申立をして14級認定!示談金約300万円増額!

事故の状況
事故の状況
知人の運転する車両に同乗していたところ、当該車両が交差点で出会い頭に衝突したもの。
ご依頼内容
Hさんは、事故から5ヶ月間通院したところで相手方保険会社からの治療費の支払いを打ち切られ、約60万円の示談金の提示を受けたところで、相談に来られました。
ベリーベスト法律事務所の対応と、その結果
担当弁護士
Hさんは、治療費の打ち切り後も通院を続けており、症状が残存していたことから、後遺障害の申請をしましたが自賠責保険からは非該当の認定を受けました。その後、非該当であることを前提に、示談交渉を行いましたが、相手方保険会社は、Hさんの納得のいく金額を提示することはなく、交渉は合意に至りませんでした。
ベリーベスト法律事務所では、示談金額を上げるためには、非該当とされた後遺障害の認定に対して異議申立をするしかないと判断し、異議申立をすることになりました。その際、医師に対しては、診断書に通院状況についての追記を依頼し、また、カルテを取り付けるなどしてHさんの治療状況、症状経過の立証活動を行いました。その結果、異議申立が認められ、頚部痛について14級9号の認定を受けることができました。
14級9号の認定を受けることができたため、賠償額は大幅に上昇し、約365万円で示談が成立する結果となりました。

解決事例 その2

一括対応終了後も健康保険を
適用して通院を継続し、14級が認められた事例

事故の状況
事故の状況
青信号のときに歩行者用横断歩道を自転車で渡ろうとしていた被害者に、後方から回り込んできた自動車が衝突したもの
ご依頼内容
Aさんは、交通事故後、通院治療を継続しましたが、交通事故後3ヶ月で一括対応を打ち切られ、保険会社の不誠実な対応に悩んでおり、自分でどのようにしたら良いか分からないと感じ、ベリーベストへ相談されました。
ベリーベスト法律事務所の対応と、その結果
担当弁護士
ベリーベストから保険会社に受任通知を出して、しばらくしてから保険会社側の弁護士から受任通知が届きました。当初、相手方弁護士は過失割合について争う、症状固定日や事故と治療の因果関係を争うと主張しておりました。しかし、一括対応の打ち切り後も弊所のアドバイスを受けながら通院を続けた結果、後遺障害等級14級が認定されました。その後の示談交渉についても、相手方弁護士に対しても、こちらの主張する過失割合や症状固定日を認定させることができ示談が成立して、比較的高額な賠償金が認められることになりました。

お客様の声をご紹介しますお客様の声をご紹介します

満足度:大変満足 満足に感じた点:担当して下さる弁護士の先生に一切お任せできるという安心感です。交通事故専門チームがあるので信頼がありました。 事件が解決した今の心境を教えてください:事故からまもなく5年になりますが、今はただ「ようやく終わった…」というホッとした気持ちです。事故当初から相手方の保険会社と話してきましたが精神的にも疲れ、何が正しいのかも分からない状況でした。もう少し早く弁護士の先生に相談させて頂いておけばよかったと思うばかりです。

pagetop